中間マージンが発生しない

中古車を購入する時には、専門の販売店を利用するのが一般的ですよね。しかし他にも、中古車オークションで買うという選択肢もあります。オークションは、店頭販売よりも安く買えるのがメリットなのですが、安さの理由は中間マージンが掛からないからです。中古車販売店の場合、仕入れ値に加え、利益や経費が上乗せされますので、購入者は卸値よりいくらか高い金額で買うことになります。一方のオークションの場合は、中間マージンが乗っていない卸値で買うことが可能なため、相場よりもお得に中古車を手に入れることができるのです。数多くの車両が出品されますので、販売店では見付からない条件通りの一台と出会えるのも魅力であり、中古車の買い方として昨今、注目を集めています。

代行業者を利用する必要がある

中古車オークションは魅力的な買い方と言えますが、一般の人は利用することができませんので注意しましょう。いわゆるネットオークションと違い、業者専門のオークションであるため、特別な参加資格を持っている必要があります。しかし代行業者を利用することで、資格を持たない一般の人でもオークションによって購入することが可能です。代行をしてもらう上で、所定の手数料を支払う必要があるものの、それをプラスしても販売店で買うよりも安く済むこともあるでしょう。ただ代行業者選びをきちんと行わないと、思わぬトラブルに見舞われる可能性がありますので注意しましょう。豊富な実績を持ち、利用者からの評判も良いところに相談することが大切です。

新車のリースはよく耳にしますが、中古車のリースもあり、その最大のメリットはリーズナブルな価格であると言えます。

中古車オークションの魅力

中古車オークションの注意点